◎〔シカゴ小麦〕続落、週間も下落=米農務省の世界期末在庫予想引き上げで(8日)

配信元:時事通信社
投稿:2019/11/09 08:47
 続落。週間ベースで3週続落となった。テクニカルな売りに加え、米農務省が世界供給予測を上方修正したことが相場を圧迫した。12月きりの清算値は2.25セント安の510.25セント。今週を通じては1.1%安。
 農務省は8日発表した11月の農産物需給報告で、2019〜20年度の米国産小麦の生産高予想を10月報告の19億6200万ブッシェルから19億2000万ブッシェルに引き下げた。
 また、農務省はアルゼンチンやオーストラリアの生産高予想を引き下げた一方で、欧州連合(EU)、ロシア、ウクライナの生産高予想を引き上げた。世界全体の期末在庫は2億8828万トンと、前月報告の2億8780万トンから上方修正され、市場予想の2億8703万トンを上回った。(ロイター時事)
[時事通信社]
配信元: 時事通信社
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

83.1 16.9
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介