◎〔シカゴ・トウモロコシ〕7日ぶり反発=米農務省の生産高予測引き下げで(8日)

配信元:時事通信社
投稿:2019/11/09 08:35
 7営業日ぶりに反発。米農務省が8日発表した11月の農産物需給報告で、米国産トウモロコシの単収と生産高の予測を引き下げたことを受けた。
 中心限月12月きりの清算値は2.00セント高の377.25セント。需給報告発表前は5週間半ぶり安値の372.50セントに下落する場面もあった。今週を通じては3.1%安で、9週間ぶりの大幅下落。
 農務省は2019〜20年度の米国産トウモロコシの生産高予測を136億6100万ブッシェルと、前月の137億7900万ブッシェルから引き下げた。単収予測は1エーカー当たり平均167.0ブッシェルと、前月の168.4ブッシェルから下方修正した。
 アナリストらの予想は、米トウモロコシ生産高が136億4300万ブッシェル、単収は167.5ブッシェルだった。(ロイター時事)
[時事通信社]
配信元: 時事通信社
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

62.1 37.9
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介