◎〔NY債券〕長期金利、上昇=10年債利回りは1.94%(8日)

配信元:時事通信社
投稿:2019/11/09 07:45
 【ニューヨーク時事】週末8日のニューヨーク金融・債券市場では、米中貿易協議の進展への根強い期待から債券が売られ、長期金利は上昇した。長期金利の指標である10年物米国債利回り(終盤)は前日比0.02%ポイント上昇の1.94%となった。
 30年債利回りは0.03%ポイント上昇の2.43%、2年債利回りは0.01%ポイント上昇の1.68%、3カ月物TB(財務省証券)利回りは0.0029%ポイント低下の1.5586%だった。
 トランプ米大統領はこの日、ホワイトハウスで記者団に対し、米中両国が互いに課している追加関税の段階的撤回について、現時点で「何も合意していない」と発言。中国商務省が前日に説明した内容を一転否定した。これを受けて、市場では安全資産としての債券が買い進まれ、10年債利回りは一時1.9%台を割り込んだ。
 しかし、両国の貿易協議「第1段階」での合意に対する楽観的な見方は根強く、その後、債券は売り戻された。(了)
[時事通信社]
配信元: 時事通信社
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

78.4 21.6
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介