カナダドルの売りが目立つ カナダ雇用統計は利下げを促す数字か=NY為替

配信元:みんかぶFX
著者:MINKABU PRESS
投稿:2019/11/09 05:17
 きょうはカナダドルの売りが目立っており、ドルカナダは1.32ドル台を回復し、カナダ円は82.50円付近に下落している。きょうはカナダの10月の雇用統計が発表され、雇用者数の伸びは予想外の減少となった。特に正規雇用の伸びが減少しており、ネガティブな雰囲気が強い。

 市場ではカナダ中銀の利下げ期待が高まっており、12月にも利下げとの声も出ている。きょうのカナダ雇用統計は、その期待を裏付ける内容ではある。ただ、失業率は過去最低水準を維持し、平均時給の伸びは前年比で4%台まで上昇し、過去5ヵ月間、3%以上の伸びが続いている。この点から見れば、利下げは時期尚早とも思われるが、これについては前年が低水準だったことが影響している面もあるようだ。労働時間の緩やかな減少傾向も見られており、これについてはGDPの押し下げ要因となる。

 やはり総合的に見れば、きょうのカナダ雇用統計は利下げを促す数字だったようにも思われる。

失業率(10月)22:30
結果 5.5%
予想 5.5% 前回 5.5%

雇用者数(10月)22:30
結果 -0.18万人
予想 1.50万人 前回 5.37万人

USD/CAD 1.3228 CAD/JPY 82.54

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

このニュースはみんかぶFXから転載しています。

配信元: みんかぶFX
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

84.8 15.2
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介