仁丹の9月中間期業績は計画上振れで着地

配信元:みんなの株式
著者:MINKABU PRESS
投稿:2019/11/08 17:45
 森下仁丹<4524.T>がこの日の取引終了後、集計中の第2四半期累計(4~9月)連結業績について、売上高が50億円から51億6600万円(前年同期比0.6%増)へ、営業利益が1億5000万円から5億円(同2.3倍)へ、最終利益が1億1000万円から3億6300万円(同84.3%増)へ上振れて着地したようだと発表した。

 フレーバーカプセルの受託や、独自の機能性素材であるローズヒップの販売が伸長したことが牽引した。これに加えて、効率的な研究開発投資に努めたことや、効率的なプロモーション活動を図ったことも寄与した。

出所:MINKABU PRESS
配信元: みんなの株式

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
2,041.0
(11/15)
+8.0
(+0.39%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

64.3 35.7
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介