◎〔シカゴ小麦〕反落=大豆・コーン相場につれ安(11日)

投稿:2019/09/12 06:41
 反落。米農務省が12日に需給報告を公表するのを控え、持ち高調整の売りが出たほか、大豆・トウモロコシ相場安につれた。
 12月きりの清算値は4.75セント安の477.50セント。
 農務省は米国産トウモロコシと大豆の生産高見通しを引き下げると予想されている。
 世界的に潤沢な小麦供給や厳しい輸出競争も相場の重しになった。
 ウクライナの穀物トレーダー組合は11日、2019年のウクライナ産小麦収穫高見通しを上方修正したと発表。フランスの農業機関によると、同国産小麦の欧州連合(EU)域外への輸出は19〜20年度、4年ぶりの高水準になる見通し。(ロイター時事)
[時事通信社]
配信元: 時事通信社
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

61.8 38.2
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介