◎〔NY債券〕長期金利、小幅上昇=10年債利回りは1.74%(11日)

投稿:2019/09/12 06:45
 【ニューヨーク時事】11日のニューヨーク金融・債券市場では、米インフレ指標の上昇などを手掛かりに債券売りがやや優勢となり、長期金利は小幅上昇した。長期金利の指標である10年物米国債利回り(終盤)は前日比0.01%ポイント上昇の1.74%となった。
 30年債利回りは横ばいの2.22%、2年債利回りも横ばいの1.68%、3カ月物TB(財務省証券)利回りは0.0001%ポイント低下の1.9615%だった。
 米労働省が朝方発表した8月の卸売物価指数(PPI)は季節調整後で前月比0.1%上昇、エネルギーと食料品を除いたコア指数は0.3%上昇し、いずれも市場予想を上回った。インフレ指標の予想外の伸びを受け、市場では債券を売る動きが若干優勢となった。
 トランプ米大統領はこの日、連邦準備制度理事会(FRB)に対し「(政策)金利をゼロかそれ以下に引き下げるべきだ」とツイッターで要求。17、18両日の連邦公開市場委員会(FOMC)を前に、改めて利下げへの口先介入に踏み切った形だが、市場の反応は限定的だった。欧州中央銀行(ECB)の定例理事会を翌日に控えた様子見ムードも強く、総じて積極的な売買は手控えられた。(了)
[時事通信社]
配信元: 時事通信社
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

61.8 38.2
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介