◎〔米株式〕NYダウ、小動き(11日午前)

投稿:2019/09/11 23:25
 【ニューヨーク時事】11日午前のニューヨーク株式相場は、米欧の金融政策決定会合を前に手控えムードが広がる中、小動きとなっている。優良株で構成するダウ工業株30種平均は午前10時現在、前日終値比9.50ドル高の2万6918.93ドル。ハイテク株中心のナスダック総合指数は27.25ポイント高の8111.41。
 12日の欧州中央銀行(ECB)定例理事会、17、18両日の米連邦公開市場委員会(FOMC)に市場の注目が集まる中、ダウは寄り付きから小幅な値動き。CMEグループのフェドウオッチによると、市場は米連邦準備制度理事会(FRB)による今回の会合での利下げを91.2%織り込み済み。ただ、FOMC終了後のパウエルFRB議長の記者会見や金利見通しを見極めたいとの思惑も広がっているもようだ。
 一方、中国財政省は11日、米国の対中制裁関税への報復として発動した追加関税について、16品目を適用対象から除外すると発表。米中貿易協議への期待が相場を下支えしている。
 個別銘柄では、前日に「iPhone(アイフォーン)」などの新商品を発表したアップルが1.7%高と全体の上げを主導。シスコシステムズやボーイングも上伸している。一方、ファイザーやナイキは軟調。(了)
[時事通信社]
配信元: 時事通信社
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

78.0 22.0
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介