◎〔金利・債券市況〕先物、反落=長期金利はマイナス0.230%(14日午前)

投稿:2019/08/14 11:49
 債券先物は反落。長期国債先物の中心限月2019年9月物は前日比11銭安の154円80銭で午前の取引を終了、長期金利の指標となる新発10年物国債355回債は0.010%上昇のマイナス0.230%となっている。
 米中貿易摩擦の緩和への期待から前日の米金利が上昇したことを受け、先物は朝方に売りが先行した。ただ、日経平均株価の反発も限定的で、「先物には押し目買いが入りやすい」(大手証券)といい、底堅い展開となっている。
 現物利回りは、5年債が0.010%上昇のマイナス0.310%、20年債が0.020%上昇の0.090%、30年債が0.020%上昇の0.200%なっている。(了)
[時事通信社]
配信元: 時事通信社
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

89.4 10.6
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介