来週の株式相場戦略=ITなど内需株中心の展開か、お盆休みで個別物色も

投稿:2019/08/09 17:18
来週の株式相場戦略=ITなど内需株中心の展開か、お盆休みで個別物色も  来週の東京株式市場は、お盆休みを取る市場関係者が増えるなか、内需・IT関連株が物色の中心となりそうだ。日経平均株価の想定レンジは2万~2万1500円で横ばい圏の展開が予想される。

 今週は、トランプ米大統領が中国に第4弾の制裁関税を発表した波乱状態が続き、相場も荒れる展開となった。特に、中国人民元の動向などが関心を集めた。

 ただ、米中貿易戦争を巡る混乱も週後半にはやや薄らいだことから、来週は中国動向への関心も徐々に後退することが予想される。一時2万円ラインに接近した日経平均株価も、下値不安は薄らぎそうだ。

 来週は、14日の中国7月小売売上高や同工業生産、15日の米7月小売売上高など米中の重要経済指標が予定されている。今月下旬の22~24日には米カンザスシティ連銀経済シンポジウム(ジャクソンホール)が予定されている。

 依然、海外の経済政策に不透明感が残るなか、株式市場の物色は外部環境に左右されやすい輸出株より、IT系やバイオ関連株など内需系企業に物色の矛先は向かいそうだ。

 国内企業の決算発表は今週がピークだったが、来週は13日にキュービーネットホールディングス<6571.T>、14日にすかいらーくホールディングス<3197.T>や光通信<9435.T>などが予定されている。海外では15日に米半導体関連のアプライド・マテリアルズとエヌビディアが決算を行う。(岡里英幸)

出所:minkabuPRESS
配信元: minkabuPRESS

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
100000018
20,563.16
(15:15)
+144.34
(+0.71%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

89.9 10.1
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介