半導体関連が上昇 過剰在庫への懸念が緩む=米国株個別

投稿:2019/07/22 23:07
 マイクロン、ラムリサーチといった半導体関連銘柄が上昇。過剰在庫への懸念が緩和しており、投資判断を引き上げたアナリストもいる。スマホの需要低迷や米国によるファーウェイへの制裁など需要への懸念が強まっているが、5Gへがそれを補っている。アナリストからは従来よりも早く過剰在庫は解消され、半導体の価格は今四半期にも改善し始めるとの見通しも出ている。

(NY時間10:07)
マイクロン 46.54(+1.02 +2.24%)
ラムリサーチ 204.04(+5.57 +2.81%)

minkabu PRESS編集部 野沢卓美

このニュースはみんかぶFXから転載しています。

配信元: minkabuPRESS
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

81.9 18.1
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介
みんかぶピックアップ

ネット証券比較

証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!