◎〔東京貴金属〕金、NY安映し反落=白金は総じて小幅続伸(12日)

投稿:2019/07/12 15:43
 金は反落。終値は、中心限月2020年6月先ぎりが前日比31円安の4887円、ほかが29〜39円安。日中立ち会いは、前日のニューヨーク金先物相場が対ユーロでのドル高に伴う割高感などを背景に下落した流れを引き継ぎ、売りが先行して始まった。その後、NY金の上昇を受けて下げ渋る場面もあったが、大引けにかけて売り圧力が強まった。ゴールドスポットは34円安の4909円。
 銀は、約定した12月きりと期先2限月が70銭安〜変わらず。
 白金は総じて小幅続伸。小動きで始まった後、NYの戻りを眺めて水準を切り上げたものの、終盤は売りに押された。20年6月先ぎりが2円高の2883円、ほかは当ぎりの1円安を除き、変わらず〜7円高で取引を終えた。プラチナスポットは2円高の2877円。パラジウムは、10月きりと期先3限月が17〜117円安で終了した。(了)
[時事通信社]
配信元: 時事通信社
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

90.8 9.2
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介