◎〔金利・債券市況〕先物、下落=長期金利はマイナス0.125%(12日午前)

投稿:2019/07/12 12:18
 債券先物は下落。長期国債先物の中心限月2019年9月物は前日比18銭安の153円44銭で午前の取引を終えた。長期金利の指標となる新発10年物国債355回債利回りは0.020%上昇のマイナス0.125%となっている。
 前日の米市場では、リスク選好の動きが強まり株高・債券安となった。東京市場でも先物は売り先行で始まった。その後は、日銀の買い入れオペが実施されたことなどから下値を売り込む動きは乏しく、安値圏でのもみ合い推移となった。
 市場では「フラット化の巻き戻しの動きが続いている」(国内証券)との声が聞かれた。
 現物利回りは、2年債が0.010%上昇のマイナス0.185%、5年債が0.015%上昇のマイナス0.210%、20年債が0.020%上昇の0.240%、30年債が0.025%上昇の0.380%などとなっている。(了)
[時事通信社]
配信元: 時事通信社
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

87.0 13.0
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介