◎〔NY外為〕円、108円台前半(12日朝)

投稿:2019/06/12 22:12
 【ニューヨーク時事】12日午前のニューヨーク外国為替市場の円相場は、米消費者物価指数(CPI)が市場予想とほぼ一致したことを受け、1ドル=108円台前半で小動きとなっている。午前9時現在は108円35〜45銭と、前日午後5時(108円47〜57銭)比12銭の円高・ドル安。
 日経平均や欧州の株価下落を手掛かりに、海外市場では円買い・ドル売りが進み、円相場は一時108円20銭付近まで上昇。しかし、その後は持ち高調整の売りに押され、同35銭でニューヨーク市場の取引を開始した。
 米労働省が早朝に発表した5月の消費者物価指数(CPI)は季節調整後で前月比0.1%上昇し、市場予想と一致。ただ、変動の大きいエネルギーと食料品を除いたコア指数が市場予想の0.2%上昇に対して0.1%上昇にとどまったため、いったんドルが売られたが、その後は買い戻され、相場の反応は限定的だった。
 ユーロは同時刻現在、対ドルで1ユーロ=1.1315〜1325ドル(前日午後5時は1.1320〜1330ドル)、対円では同122円65〜75銭(同122円86〜96銭)。(了)
[時事通信社]
配信元: 時事通信社
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

89.1 10.9
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介