◎〔ロンドン金属〕アルミ、2週間ぶり高値=中国大手生産停止で供給懸念(16日午前)

投稿:2019/05/16 20:43
 欧州時間16日午前のロンドン金属取引所(LME)のアルミ相場は2週間ぶりの高値を付けた。中国アルミ生産大手の信発集団(山東省)の生産ライン停止で、供給不足が懸念された。
 アルミ3カ月物は1055GMT(日本時間午後7時55分)時点で、0.6%高の1トン=1867ドルと、5月3日以来の高値を付けた。
 信発集団は、生産ライン停止がどれぐらいの期間続くかは分からないとしている。
 ジュリアス・ベアのアナリスト、カーステン・メンケ氏は「アルミ価格は環境問題に伴う減産で上昇してきた」と指摘する一方、世界市場への影響はまだ不明だと述べた。
 中国は世界最大のアルミ生産国で、2018年には推計6400万トン超を生産し、世界全体の57%を占めた。
 LMEの銅3カ月物は0.5%高の1トン=6116ドル。(ロイター時事)
[時事通信社]
配信元: 時事通信社
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

77.0 23.0
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介