◎〔米株式〕NYダウ、続伸(15日午前11時半)

投稿:2019/05/16 00:35
 【ニューヨーク時事】15日午前のニューヨーク株式相場は、反落して始まったが、その後に米政権が輸入自動車への追加関税発動に関する大統領判断を最大6カ月延期する方向で議論を進めているとの報が流れたことから、上伸に転じている。午前11時半現在は、優良株で構成するダウ工業株30種平均が前日終値比114.39ドル高の2万5646.44ドル。ハイテク株中心のナスダック総合指数が81.86ポイント高の7816.35。
 米中貿易摩擦の長期化が懸念される中、両国の小売売上高と鉱工業生産の統計がいずれも振るわなかったことから、この日は売り先行で始まった。しかしその後、複数のメディアが米政権高官の話として、トランプ政権が検討を進める安全保障を理由とした輸入自動車への追加関税をめぐり、大統領が発動の可否を決める期限を延長する方向で議論を進めていると報道。米貿易関連法に沿えば今月18日に期限を迎えるが、最大6カ月延ばす可能性があると伝えられたため、ダウ平均はプラス圏に転じている。(了)
[時事通信社]
配信元: 時事通信社
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

44.8 55.2
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介