日本電産の決算反応を見極め【クロージング】

投稿:2019/04/23 16:01
23日の日経平均は続伸。41.84円高の22259.74円(出来高概算9億9000万株)で取引を終えた。連休明けの米国市場は、主要企業の決算発表を控えてまちまちの展開だったが、原油相場の上昇が材料視される展開となった。日本株市場もこの流れから資源株が買われる格好となったが、ファーストリテ<9983>が日経平均の重石となる格好から、前日終値を挟んでのこう着相場が続いた。

TOPIX型のインデックス買い観測もあり、こう着ながらも東証1部の騰落銘柄は値上がり数が1200を超えて、全体の過半数を占めている。セクターでは鉱業、石油石炭、陸運、精密機器、建設が上昇。一方で、その他製品、パルプ紙、ゴム製品、繊維が冴えない。指数インパクトの大きいところでは、テルモ<4543>、ダイキン<6367>、ユニファミマ<8028>が堅調。半面、ファーストリテが1社で日経平均を約44円抑える格好となっている。

東証1部の出来高は前日より膨らんではいるが、売買代金は連日で2兆円を下回っており、模様眺めムードが強い相場展開である。米国同様、決算発表が本格化してくるほか、週末からのゴールデンウイークの10連休が積極的な売買を手控えさせているようである。これまでは外部環境の落ち着きから連休前の買い戻しによる押し上げが意識されていたが、月内受け渡しが通過したことで、週末にかけては買い方のポジション圧縮の動きが神経質にさせてくる可能性はありそうだ。

ただし、連日薄商いの中で短期的な値幅取り狙いの商いが中心とみられる。10連休中に対する警戒感から積極的にポジションを取りに行く動きも限られていることから、買い方のポジション圧縮による需給面への影響も限られるとみられる。また、注目されていた日本電産<6594>の決算については、2019年3月期はコンセンサスを下回っての着地は想定内。2020年3月期の営業利益は前期比26%増の1750億円を見込んでおり、増益転換及び明日の説明会を材料視してくるかが注目される。

<CN>
配信元: フィスコ

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
4543
3,139.0
(05/24)
+16.0
(+0.51%)
13,850.0
(05/24)
+10.0
(+0.07%)
13,800.0
(05/24)
-365.0
(-2.58%)
2,903.0
(05/24)
+28.0
(+0.97%)
65,540.0
(05/24)
-520.0
(-0.79%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

82.4 17.6
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介