来週の為替相場見通し=米1~3月期GDPなど注目

投稿:2019/04/19 18:03
来週の為替相場見通し=米1~3月期GDPなど注目  来週の外国為替市場のドル円相場は、米1~3月期国内総生産(GDP)の結果などが注目されそうだ。予想レンジは1ドル=111円00~112円80銭。

 ドル円は111円90銭前後での膠着状態となっており、ここから上下どちらに放れていくかが焦点となる。米1~3月期GDPは26日に発表されるが、市場では前期比年率2.0%成長が予想されている。この予想より弱い結果となった場合、先行きの米利下げ観測が浮上する可能性もありドル売り要因に働きそうだ。また、24~25日にかけては日銀金融政策決定会合がある。現状維持が予想されているが、市場には再度、金融緩和に向けた思惑も出るなか結果発表に向け荒い値動きとなることもあり得る。22日には米3月中古住宅販売件数、23日に米3月新築住宅販売件数、24日にドイツ4月IFO景況感指数、25日に米3月耐久財受注が発表される。国内では26日に3月失業率や同鉱工業生産が公表される。



出所:minkabuPRESS
配信元: minkabuPRESS
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

77.5 22.5
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介