ヤマトHDの19年3月期業績は計画下振れ

投稿:2019/04/18 15:44
ヤマトHDの19年3月期業績は計画下振れ  ヤマトホールディングス<9064.T>がこの日の取引終了後、集計中の19年3月期連結業績について、売上高が1兆6300億円から1兆6250億円(前の期比5.6%増)へ、営業利益が670億円から580億円(同62.5%増)へ、純利益が370億円から250億円(同37.1%増)へ下振れて着地したようだと発表した。

 デリバリー事業で、プライシング適正化により宅急便単価は想定を上回ったものの、取扱数量が想定を下回ったほか、ノンデリバリー事業で新規営業の伸び悩みがあったことなどが影響した。また、集配キャパシティ拡大に伴う費用や、3月の取扱数量予測のズレに伴う一過性費用が増加したことも利益を押し下げたという。

出所:minkabuPRESS
配信元: minkabuPRESS

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
2,273.0
(05/24)
-11.5
(-0.50%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

39.5 60.5
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介