株安などが重石でやや軟調もレンジ内=東京為替概況

投稿:2019/04/18 14:57
 ドル円は午後にかけて株安、米債利回り低下の動きが強まり、ドル円は軟調な動きとなっている。
 目立った新規材料は見られず、イースターを前にポジション調整の動きなど。
 前日海外市場での株高などを受けた上昇にドル円は朝方112円台を付けていたが、じりじりと値を落とす形で111円80銭台に。
 もっとも今週の安値圏までの動きにとどまっており、レンジ内での動き。

 ユーロドルは午後に1.13台を回復。昨日の東京午後からロンドン序盤のユーロ買いに1.1320台まで上昇したユーロドルは、その後のポジション調整に1.12台へ値を落とし、朝方は軟調地合い。午後に入ってドル売りが進む中で1.13ちょうど近辺に。

 その他目立ったところではドル人民元の買い戻しが優勢に。昨日に大きく値を落とした人民元は、朝の人民銀行による対ドル基準が3.2%も元高に設定されるなど、ドル安元高が進んでいたが、オフショア人民元(CNH)売りの動きを中心に、その後開いた人民元相場でも元売りが広がり、朝一の6.6850近辺から6.6950近辺に。

 

minkabuPRESS編集部山岡和雅
配信元: minkabuPRESS
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

82.4 17.6
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介