◎〔NY債券〕長期金利、ほぼ横ばい=10年債利回りは2.60%(17日)

投稿:2019/04/18 06:43
 【ニューヨーク時事】17日のニューヨーク金融・債券市場は、連休を控えて徐々に様子見ムードが強まり、長期金利はほぼ横ばいとなった。長期金利の指標である10年物米国債利回り(終盤)は前日比0.01%ポイント上昇の2.60%となった。
 30年債利回りは前日と同水準の2.99%、2年債利回りは同0.01%ポイント低下の2.40%、3カ月物TB(財務省証券)利回りは0.0002%ポイント低下の2.4328%となった。
 中国国家統計局が17日発表した1〜3月期の国内総生産(GDP)は実質ベースで前年同期比6.4%増と、成長率は前期(6.4%)と同水準で、3四半期続いた減速から横ばいに転じた。同国景気に対する過度の懸念が後退したため、朝方は債券売りが優勢だった。
 ただその後は、米株相場がプラス圏とマイナス圏を行き来するさえない展開となり、投資家のリスク選好意欲が事実上高まらなかったことから、債券には持ち高調整の買い戻しも入った。また、週末19日はグッドフライデー(聖金曜日)に伴い休場で、18日は短縮取引となるため、この日は徐々に商いが細り、昼前からは10年債利回りは2.59%前後の水準で小浮動した。(了)
[時事通信社]
配信元: 時事通信社
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

69.9 30.1
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介