◎〔米株式〕NYダウ、ナスダックとも小反落(15日午前)

投稿:2019/04/15 23:39
 【ニューヨーク時事】週明け15日午前のニューヨーク株式相場は、米金融大手ゴールドマン・サックスの決算がさえない内容だったことを受けて、小幅に反落している。優良株で構成するダウ工業株30種平均は午前10時15分現在、前週末終値比42.54ドル安の2万6369.76ドル。ハイテク株中心のナスダック総合指数は17.25ポイント安の7966.91。
 米金融大手ゴールドマン・サックスが朝方発表した2019年1〜3月期決算では、純利益が前年同期比20.1%減、総収入も12.6%減となった。国債や為替、社債の取引に加え、株式トレーディング収入が不調だった。このさえない決算を受けて、金融銘柄を中心に売りが出ており、ダウは寄り付きから軟調に推移している。
 一方、米中貿易協議の妥結期待は株価を下支えしている。ロイター通信は前日、関係筋の話として、米中貿易交渉で米国側が産業補助金の制限面で中国側への要求を弱めたと報道。また、ムニューシン米財務長官はこの日、FOXビジネスのインタビューで、中国との貿易協議は「大きく進展した」と発言したことから、米中貿易戦争が終息に向かうとの期待が広がっている。
 個別銘柄を見ると、ゴールドマンが2.5%安、JPモルガン・チェースが0.9%安。この日朝方に19年1〜3月期決算を発表したシティグループも0.8%安となっている。このほか、ダウも0.6%安。一方、ウォルグリーン・ブーツ・アライアンスやウォルマートは堅調に推移している。(了)
[時事通信社]
配信元: 時事通信社
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

75.1 24.9
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介
みんなの株式主催セミナー
みんかぶ投資セミナー