アジア株はまちまち、材料難で方向感に欠ける 上海株は前日比変わらず

投稿:2019/03/26 11:10
東京時間11:04現在
香港ハンセン指数   28635.68(+112.33 +0.39%)
中国上海総合指数  3044.56(+1.53 +0.05%)
台湾加権指数     10531.23(+51.75 +0.49%)
韓国総合株価指数  2148.20(+3.34 +0.16%)
豪ASX200指数    6125.30(-0.91 -0.01%)

アジア株はまちまち、前日の大幅下落を受けて値ごろ感からの買戻し優勢で始まったが、特に目新しい材料もなく方向感に欠ける展開。豪州株は下げに転じている。
香港株は0.39%高、ハイテクや金融株が上昇。iPhoneに音響部品を提供している瑞声科技は2.5%高、不動産開発会社の華潤置地は2.4%高。
上海株は前営業日終値を挟んで推移、米中貿易協議を控え様子見ムードとなっている。ライトハイザーUSTR代表とムニューシン米財務長官らは28日に北京を訪れ通商協議に臨む。その翌週には中国副首相らがワシントンを訪れる予定となっており、2週連続で米中閣僚級貿易協議を開催する。
配信元: minkabuPRESS
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

86.5 13.5
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介