◎〔金利・債券市況〕先物、反発=長期金利はマイナス0.065%(22日朝)

投稿:2019/03/22 09:33
 債券先物は大幅反発。長期国債先物の中心限月2019年6月物は前日比16銭高の152円89銭で寄り付き、その後は堅調に推移している。長期金利の指標となる新発10年物国債353回債は前営業日比0.025%低下のマイナス0.065%。この水準は2016年11月9日に記録したマイナス0.085%以来約2年4カ月ぶりの低水準。
 債券先物は、米連邦公開市場委員会(FOMC)での年内利上げ見送り方針を背景に海外市場で債券が買われた流れを受け、買いが先行して始まった。市場では「米国やドイツなど欧米各国がハト派色を強める中、日本も金融緩和政策が続いており、債券へのニーズは強い」(国内証券)とみている。また、「年度末が接近していることもあり、国内機関投資家からの一定程度の需要も見込めるため、債券先物売りが出にくくなっていることも買いにつながっているのではないか」(同)とされ、堅調地合いをたどっている。
 短期金融市場では、日銀が朝方の即日オペを見送った。これにより、22日の当座預金残高は前日比7600億円増の388兆7900億円程度となる見込み。
 無担保コール翌日物は「マイナス0.086〜マイナス0.030%を中心とした出合い」(短資会社)となっている。(了)
[時事通信社]
配信元: 時事通信社
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

85.9 14.1
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介