(中国)上海総合指数は0.22%安でスタート、米中通商交渉への不安などが圧迫材料

投稿:2019/03/20 10:52
20日の上海総合指数は売り先行。前日比0.22%安の3084.17ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時38分現在、0.12%安の3087.18ptで推移している。米中通商交渉への不安が広がっていることが圧迫材料。中国は米側が求める知的財産権の侵害対策などに関して難色を示していると報じられた。一方、指数の下値は限定的。大型減税など景気テコ入れ策が引き続き指数をサポートしている。


<AN>
配信元: フィスコ
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

87.1 12.9
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介