◎〔米株式〕NYダウ、もみ合い=ナスダックは続伸(18日午前)

投稿:2019/03/18 23:53
 【ニューヨーク時事】週明け18日午前のニューヨーク株式相場は、相次ぐ新型旅客機の墜落事故で米司法省から捜査を受けていると報じられたボーイングの株価下落が重しとなる中、もみ合いとなっている。優良株で構成するダウ工業株30種平均は午前10時40分現在、前週末終値比9.57ドル安の2万5839.30ドル。ハイテク株中心のナスダック総合指数は30.95ポイント高の7719.48。
 米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は17日、短期間で2件の墜落事故を起こしたボーイングの新型旅客機「737MAX」の開発をめぐって米司法省が捜査中と報道。さらに、運輸省も下部機関の連邦航空局(FAA)による安全認証手続きの調査を進めているとされ、同機をめぐる問題が刑事事件に発展する可能性が浮上しているため、ボーイング株が寄り付きから下落。ダウの上値を抑えている。
 ただ、米連邦準備制度理事会(FRB)による連邦公開市場委員会(FOMC)を19、20の両日に控えて、金融政策運営に関する決定を見極めたいとの思惑から、積極的なポジション形成は手控えられている。今会合では政策金利の据え置きは確実視されているが、世界経済の減速リスクがくすぶる中、今後の利上げペースに関して昨年末時点の想定回数から下方修正されるかどうかが焦点だ。
 個別銘柄を見ると、ボーイングが2.4%安。フェイスブックは投資判断の引き下げが嫌気され、2.3%下落している。これに対し、ゴールドマン・サックスは1.9%高。また、米ホテルチェーン大手マリオット・インターナショナルは2.6%高で推移している。全世界で1700以上のホテルを開設する3年計画を発表したことなどが好感されているもよう。(了)
[時事通信社]
配信元: 時事通信社
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

84.0 16.0
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介
みんなの株式主催セミナー
みんかぶ投資セミナー