○〔東京株式〕続伸=海外株高で安心感(18日)☆差替

投稿:2019/03/18 15:12
 【第1部】半導体など輸出関連株を中心に幅広い銘柄が買い戻され、日経平均株価は前営業日比133円65銭高の2万1584円50銭、東証株価指数(TOPIX)は11.05ポイント高の1613.68と、ともに続伸した。米中通商協議の進展期待などを背景にした海外株高が安心感を誘った。
 79%の銘柄が値上がりし、値下がりは18%。出来高は10億3392万株、売買代金が1兆9134億円。
 業種別株価指数(33業種)は、その他製品、金属製品、化学の上昇が目立ち、下落は鉱業のみ。
 個別銘柄では、任天堂がじり高歩調をたどり、SUMCO、信越化は上伸し、東エレクも大幅高。ソニー、オムロンが締まり、トヨタは強含んだ。ソフトバンクGが高く、ファーストリテは小じっかりで、ZOZOは大幅に続伸した。資生堂が値を飛ばし、武田は底堅い。半面、国際帝石が甘い。キーエンスが値を下げ、安川電も売り物がち。三菱UFJが小緩み、KDDI、7&iHDはさえない。
 【第2部】3営業日ぶりに反発。東芝が買われ、FDK、システム情報は大幅高。半面、アルチザが下押し、ラオックスは弱含み。出来高5245万株。(続)
[時事通信社]
配信元: 時事通信社
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

68.0 32.0
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介