◎〔米株式〕NYダウ、小反落(14日午前)

投稿:2019/03/14 23:33
 【ニューヨーク時事】14日午前のニューヨーク株式相場は、米中貿易協議の進展への期待感が後退する中、小反落している。午前10時20分現在は、優良株で構成するダウ工業株30種平均は前日終値比37.09ドル安の2万5665.80ドル。ハイテク株中心のナスダック総合指数は同4.95ポイント安の7638.46。
 ブルームバーグ通信は14日、複数の情報筋の話として、貿易問題の決着を目指す米中の首脳会談の開催時期は早くても4月になると報じた。米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは今月初め、首脳会談は3月27日前後に開催する方向で調整が進められていると報じていた。中国による知的財産権侵害などの構造問題で依然、隔たりが残っているものとみられ、早期決着への期待感が後退し、相場の重しとなっている。
 一方、米労働省が朝方発表した最新週の新規失業保険申請件数は、前週比6000件増の22万9000件で、市場予想(ロイター通信調べ)の22万5000件を上回る弱めの内容だった。
 個別銘柄では、ボーイングが軟調に推移。墜落事故が相次いで起きた米ボーイングの新型旅客機「737MAX8」の運航停止の動きが世界各国で広がる中、13日には製造国の米国も停止措置に踏み切った。フェイスブックは大幅安で、個人情報流出問題をめぐり、米連邦検察当局が同社を捜査しているとの報道が嫌気されている。(了)
[時事通信社]
配信元: 時事通信社
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

72.1 27.9
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介