ワイヤレスGがストップ高、個人向けモバイルセキュリティーで急浮上

投稿:2019/03/14 10:37
ワイヤレスGがストップ高、個人向けモバイルセキュリティーで急浮上  ワイヤレスゲート<9419.T>が急動意、一時値幅制限上限となる80円高は479円まで上値を伸ばした。同社は他社の回線を借りて無線ネット通信サービスを提供するが、サイバーセキュリティー関連株の一角としてにわかに存在感を高めている。同社は13日取引終了後、テラ(横浜市)とチェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ(東京都港区)と協力し、個人向けモバイルセキュリティアプリケーション「ZoneAlarm Japan edition」を国内で販売開始することを発表した。チェック・ポイント社はイスラエルに本社を置き、世界各国の政府機関や企業など、あらゆる組織に対応するサイバーセキュリティー・ソリューションを提供する専門メーカー。IoT社会に並行したモバイル端末の普及でウイルス感染などのセキュリティーリスクが顕在化するなか、チェック・ポイント社などと連携し、サイバー攻撃に対応した同社の新たなサービス提供を材料視する買いが集中している。

出所:minkabuPRESS
配信元: minkabuPRESS

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
433.0
(03/22)
-2.0
(-0.46%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

54.1 45.9
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介