◎〔ロンドン金属〕上昇=在庫の少なさに警戒感(20日午前)

投稿:2019/02/20 21:34
 欧州時間20日午前のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は上昇し、一時、2カ月半ぶりの高値を付けた。銅の最大消費国である中国の需要が季節要因で増加するのを前に、在庫の少なさに警戒感が広がった。米中貿易協議の進展期待も相場を支えた。
 銅の3カ月物は一時、昨年12月3日以来の高値となる1トン=6350.50ドルを付けた。直近では0.3%高の6338ドル。
 中国では通例、7〜9月期に建設作業が活発化するため、4〜6月期に銅需要が増加する。
 米シティ・グループのアナリスト、オリバー・ナジェント氏は、「銅在庫は現時点で想定されたほど積みあがっていない」などと説明した。シティは、銅相場が今後3〜6カ月で6700ドルに達すると予想している。(ロイター時事)
[時事通信社]
配信元: 時事通信社
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

64.2 35.8
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介