◎〔東京外為〕ドル、110円台半ば=米長期金利上昇で強含み(12日午後3時)

投稿:2019/02/12 15:22
 12日午後の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、米長期金利の上昇などを背景に、1ドル=110円台半ばで強含んでいる。午後3時現在、110円56〜58銭で前週末(午後5時、109円74〜74銭)比82銭のドル高・円安。
 前日の海外時間は中国株や欧州株の上昇に加え、米中通商協議進展への期待が高まったことなどから、110円40銭台に浮上した。
 東京時間の早朝は海外の流れを引き継ぎ、110円30〜40銭台でもみ合い。午前9時以降は、日経平均株価の上伸や実需筋のドル買いに支援され、110円50銭台に上昇した。日銀が国債買い入れオペの減額を発表したことで110円30銭台を付ける場面もあったが、正午にかけては110円40銭台で推移した。午後は、時間外の米長期金利の上昇につれて、110円60銭台に強含み、その後は上げ一服となっている。
 市場関係者は「米中の次官級協議の結果を見極めたく、ポジションを傾けづらい」(シンクタンク)と話しており、終盤は小幅な値動きにとどまりそうだ。
 ユーロは正午と比べて、対円、対ドルともにほぼ横ばい。午後3時現在、1ユーロ=124円71〜72銭(前週末午後5時、124円45〜45銭)、対ドルでは1.1279〜1279ドル(同1.1338〜1338ドル)。(了)
[時事通信社]
配信元: 時事通信社
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

88.4 11.6
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介