ユーロ圏の景気減速へ懸念が広まる中でユーロは売り続く=NY為替

配信元:みんかぶFX
著者:MINKABU PRESS
投稿:2019/02/06 02:44

 きょうもドル買いが優勢となる中、ユーロドルは戻り売りが続いており、1.14ドル割れを試す動きも見られている。市場ではユーロ圏の景気減速へ懸念が広がっており、ECBの年内利上げ期待も後退している。FRBもハト派に転じているものの、それが米経済を支えるのではとの期待も出ている中で、ドルとユーロの格差が拡大している模様。

 この日は12月のユーロ圏小売売上高が発表されていたが、前月比1.6%減と3ヵ月ぶりの減少となった。景気減速へ懸念を正当化する内容。米中貿易協議が更に進展するのではとの期待から、市場ではややリスク選好の雰囲気が広がる中、ユーロドルは戻り売りが続いている。

 きょうの下げで、本日1.1435ドル付近に来ている21日線を下回っているほか、フィボナッチ38.2%戻しの水準も下回る展開。1.14ドルちょうど付近に50%戻しの水準が来ているほか、61.8%戻しが1.1375ドル付近に来ており、下値メドとして意識される。

EUR/USD 1.1409 EUR/JPY 125.41 EUR/GBP 0.8814

minkabu PRESS編集部 野沢卓美

このニュースはみんかぶFXから転載しています。

配信元: みんかぶFX
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

56.8 43.2
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介