◎〔マレーシア・パーム油〕反落=12月のパーム油統計受け(10日)

投稿:2019/01/11 06:45
 反落。1日の下落率としては、2週間ぶりの大きさだった。12月のパーム油の在庫、生産、輸出に関する統計が弱材料視された。
 3月きりの清算値は0.9%安の1トン=2163リンギ。一時は1.5%安の2150リンギまで下げた。
 市場の昼休みの間にマレーシア・パーム油委員会(MPOB)が発表した12月のパーム油統計によると、12月末時点のパーム油在庫は前月末比6.9%増の321万トンだった。輸出は0.6%増の138万トン。
 クアラルンプールのトレーダーは「輸出量が予想より少なく、輸入が多かったので、在庫はわれわれの予想を上回った。これは弱材料だ」と話した。(ロイター時事)
[時事通信社]
配信元: 時事通信社
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

79.5 20.5
ヤフーファイナンスお勧め
中国株投資情報
香港上海など株式最新情報
マーケット概況
東京市場、今日の状況は?
株予報
決算予定や業績をチェック