オンコリスバイオが後場一段高、OBP-1101に関する韓国特許査定を取得

投稿:2018/12/27 12:38
オンコリスバイオが後場一段高、OBP-1101に関する韓国特許査定を取得  オンコリスバイオファーマ<4588.T>が後場一段高。前引け後に、がんの体外検査薬として開発を進めているOBP-1101(テロメスキャンF35)について、韓国で特許査定を受けたと発表しており、知的財産戦略の強化につながるとの見方から買いが入っているようだ。

 今回登録された特許は、テロメスキャン(OBP-401)の遺伝子配列のなかに、正常血液細胞での遺伝子発現を抑制するマイクロRNA干渉遺伝子を組み込み、より特異的にがん細胞を蛍光発光させる、制限増殖型アデノウイルスに関するもの。同社ではOBP-1101をカバーする複数の特許を既に保有しているが、今回の特許査定により、韓国における特許保護期間が最長で32年2月まで延長されることになるという。

出所:minkabuPRESS
配信元: minkabuPRESS

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
2,262.0
(05/23)
-221.0
(-8.90%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

69.8 30.2
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介