◎〔NY外為〕円、113円台後半(13日朝)

投稿:2018/12/13 23:54
 【ニューヨーク時事】13日午前のニューヨーク外国為替市場では、対ユーロでのドル買いが波及する形となり、円相場は1ドル=113円台後半に下落している。午前9時15分現在は113円50〜60銭と、前日午後5時(113円22〜32銭)比28銭の円安・ドル高。
 欧州中央銀行(ECB)はこの日の定例理事会で、大方の予想通り2015年3月に始めた量的金融緩和策の終了を決定。ただ、償還を迎える保有証券は再投資し、当面、資産規模を維持するとの方針を示した。また、2019年のユーロ圏成長率と物価見通しに関してはいずれも前回分から下方修正。これを受け、対ユーロでドル高が進行。ユーロに対するドル買いが対円にも波及し、円は軟調に推移している。
 また、米労働省が朝方発表した最新週の新規失業保険申請件数が季節調整済みで前週比2万7000件減の20万6000件と、市場予想(ロイター通信調べ)の22万5000件を下回り、良好な内容だったことも幾分ドル買いを後押ししているもようだ。
 ユーロは同時刻現在、対ドルで1ユーロ=1.1355〜1365ドル(前日午後5時は1.1364〜74ドル)、対円では同128円95銭〜129円05銭(同128円69〜79銭)。(了)
[時事通信社]
配信元: 時事通信社
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

80.0 20.0
ヤフーファイナンスお勧め
中国株投資情報
香港上海など株式最新情報
マーケット概況
東京市場、今日の状況は?
株予報
決算予定や業績をチェック