仮想通貨ヘッジファンド、直近2年で急増=調査【フィスコ・ビットコインニュース】

2018/10/11 20:07
アメリカを拠点とする調査機関クリプト・ファンド・リサーチが報告書の中で、2018年初から9月までの間に90の仮想通貨ヘッジファンドが新設されており、年末までには120に到達する見込みであることが一部報道により明らかとなった。

2018年内に新設が予定される約600のヘッジファンドのうち、仮想通貨に特化したヘッジファンドは20%を占める。この割合は2017年には16%、2016年には3%未満であったことから、同報告書では直近2年間において仮想通貨ヘッジファンドが急増していると指摘している。

同報告書では、仮想通貨ヘッジファンドの多くはベンチャーキャピタルやプライベート・エクイティなどを含むより大きな仮想通貨ファンドの一部であると指摘しており、現在622存在する仮想通貨ファンドのうちの303件が仮想通貨ヘッジファンドであるとしている。

また、今年新設された仮想通貨ヘッジファンドの半数近くが米国を拠点としているが、この他にもオーストラリア、中国、マルタ、スイス、オランダ、英国などの国による新設も散見されると報告している。

<SI>
配信元: フィスコ
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

71.5 28.5
ヤフーファイナンスお勧め
中国株投資情報
香港上海など株式最新情報
マーケット概況
東京市場、今日の状況は?
株予報
決算予定や業績をチェック