LINE、トークン・ベンチャーファンドを設立【フィスコ・ビットコインニュース】

スマホ向けにメッセンジャーアプリを運営するLINE<3938>は、韓国でブロックチェーン関連事業を展開する子会社アンブロックを通して、トークン・ベンチャーファンド「アンブロック・ベンチャーズ」を7月に設立したことを15日付で発表した。

同ファンドの設立にあたっては、仮想通貨取引所やブロックチェーン関連事業を手がけるグループ会社のLVCが資金を拠出したようだ。現在は1000万ドル(約11億1000万円)の規模で、ブロックチェーンのスタートアップ企業に投資するとみられている。将来的にはファンドの規模を広げることを目指すという。

LINEは今年7月より、仮想通貨取引所ビットボックスの運営を本格的に開始した。ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)など約30種類の仮想通貨を取り扱っている。

また、今年6月に開催された「LINE CONFERENCE 2018」において、サービスに貢献したユーザーに対して独自トークンを還元する、ブロックチェーン技術を使った「トークンエコノミー」を構築することを発表。同時に、JCBと連携し、スマホを端末にかざして決済ができるサービスを始めることも発表している。

ブロックチェーンに関連した技術・サービス開発を加速させる同社が、今後どのような動きを見せるのか注目される。


<HH>
配信元: フィスコ

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
3,180.0
(11/16)
-35.0
(-1.09%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

82.7 17.3
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
中国株投資情報
香港上海など株式最新情報
マーケット概況
東京市場、今日の状況は?
株予報
決算予定や業績をチェック