【海外市場の注目ポイント】6月の米個人消費支出など

2018/07/31 14:20
 日本時間午後9時半に6月の米個人消費支出(PCE)が発表される。大方の予想は前月比0.4%増となっており、4カ月続けて増加すると見込まれている。前週末に発表された4-6月期の米国内総生産(GDP)速報値で個人消費が予想を上回る伸びとなっており、6月の米PCEも同様の結果になれば、米国の景気先行きに対する楽観的な見方からドルが買われる可能性がある。
   
 また、日本時間午後9時半には6月の米個人所得や6月の米PCEデフレータも発表される。6月の米個人所得は、大方の予想が前月比0.4%増となっており、前月比では12カ月続けて増加するとみられ、6月の米PCEデフレータは、大方の予想が前年比2.3%上昇となっており、前月の同2.3%上昇から前年比の伸びが変わらないと見込まれている。
  
 さらに、日本時間10時45分には7月の米シカゴ購買部協会景気指数、同午後11時には7月の米消費者信頼感指数も発表される。7月の米シカゴ購買部協会景気指数は、大方の予想が62.0となっており、前月の64.1を下回り、4カ月ぶりに低下するとみられ、7月の米消費者信頼感指数は、大方の予想が126.0となっており、前月の126.4を下回り、2カ月続けて低下すると見込まれている。
   
minkabu PRESS編集部
配信元: Klug FX(クルークFX)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

81.1 18.9
ヤフーファイナンスお勧め
中国株投資情報
香港上海など株式最新情報
マーケット概況
東京市場、今日の状況は?
株予報
決算予定や業績をチェック