東京為替:ドル・円は一時111円44銭まで上昇

2018/07/31 13:41
31日午後の東京市場で、日銀のフォワードガイダンス導入など政策決定を受け円売り優勢となり、ドル・円は一時111円44銭まで強含んだ。クロス円も同様に円売りが強まった。その後円売りは一服しており、ドルは111円10銭台に失速している。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は110円91銭から111円44銭、ユーロ・円は129円87銭から130円40銭、ユーロ・ドルは1.1698ドルから1.1711ドルで推移した。

<MK>
配信元: フィスコ
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

80.1 19.9
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
ヤフーファイナンスお勧め
中国株投資情報
香港上海など株式最新情報
マーケット概況
東京市場、今日の状況は?
株予報
決算予定や業績をチェック