大阪製鉄、上期経常を一転12%増益に上方修正、未定だった上期配当は4.5円増配

2018/07/31 13:00
 大阪製鐵 <5449> が7月31日後場(13:00)に決算を発表。19年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比11.4%増の26.5億円に伸びた。
 併せて、4-9月期(上期)の同利益を従来予想の30億円→38億円(前年同期は33.8億円)に26.7%上方修正し、一転して12.4%増益見通しとなった。
 なお、通期の経常利益は従来予想の70億円(前期は67億円)を据え置いた。

 業績好調に伴い、従来未定としていた今期の上期配当を17円(前年同期は12.5円)実施する方針とした。下期配当は引き続き未定とした。

 直近3ヵ月の実績である4-6月期(1Q)の売上営業利益率は前年同期の12.8%→11.4%に低下した。

株探ニュース

会社側からの【修正の理由】
 1.配当予想修正の理由 配当につきましては、業績に応じて適切に株主の皆様へ利益を還元していくべきものと考えております。 当第2四半期末の1株当たり配当金は17円(前第2四半期末12円50銭、前期末21円)とさせて頂く予定です。 なお、期末配当予想につきましては、需要環境等の先行きが不透明な状況にあることから、今後の業績動向を見極めつつ検討することとし、未定としております。
配信元: 株探

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
1,883.0
(15:00)
-46.0
(-2.38%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

75.5 24.5
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
中国株投資情報
香港上海など株式最新情報
マーケット概況
東京市場、今日の状況は?
株予報
決算予定や業績をチェック