テスラが上昇 第2四半期に生産目標を達成=米国株個別

 テスラが上昇。第2四半期の生産・納車動向を公表しており、生産台数は5万3339台、納車台数は4万0740台となったことを発表した。モデルSとモデルXで10万台の出荷という2018年の目標を据え置いたほか、ドル安や関税の影響も考えられる中、第3四半期と第4四半期の利益とキャッシュフローの見通しも据え置いている。

 6月最終週のモデル3の生産台数は5031台と目標の週5000台を達成した。8月には6000台に増加するとの見通しも示している。 

 テスラは赤字続きで、そのたびに市場から資金調達を行なってきたが、投資家からは警戒感も出ていた。生産が安定するかどうかが鍵となっているが、今回のデータはその可能性を示しているようだ。

(NY時間11:24)
テスラ 348.04(+5.09 +1.48%)

minkabu PRESS編集部 野沢卓美
配信元: Klug FX(クルークFX)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

88.0 12.0
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
中国株投資情報
香港上海など株式最新情報
マーケット概況
東京市場、今日の状況は?
株予報
決算予定や業績をチェック