ISM指数は予想上回るも反応鈍い=NY為替チェック

 日本時間23時に発表になったISM製造業景気指数は予想を上回る内容となった。ただ、全体指数は上昇したものの受注や雇用は横ばいで入荷遅延が全体を押し上げた。為替市場の反応は限定的でドル円は一旦110.90円付近に上昇したものの110.80円付近に戻している。貿易問題への懸念も根強くある中、きょうの市場は指標への反応は鈍いようだ。

ISM製造業景気指数(6月) 
景気指数 60.2(58.7)
新規受注 63.5(63.7)
生産   62.3(61.5)
雇用   56.0(56.3)
入荷遅延 68.2(62.0)
在庫   50.8(50.2)

仕入価格 76.8(79.5)
輸出   56.3(55.6)
()は前回

USD/JPY 110.80 EUR/USD 1.1605

minkabu PRESS編集部 野沢卓美
配信元: Klug FX(クルークFX)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

70.6 29.4
ヤフーファイナンスお勧め
中国株投資情報
香港上海など株式最新情報
マーケット概況
東京市場、今日の状況は?
株予報
決算予定や業績をチェック