◎〔NY外為〕円、110円台後半(2日朝)

2018/07/02 22:20
 【ニューヨーク時事】週明け2日午前のニューヨーク外国為替市場の円相場は、1ドル=110円台後半で小動きとなっている。午前8時55分現在は110円75〜85銭と、前週末午後5時(110円64〜74銭)比11銭の円安・ドル高。
 米独立記念日を週央4日に控えて連休を取る参加者が多く、商いは週明けから薄い。朝方の早い段階では米経済指標の発表もなく、ニューヨーク市場に入ってからも狭いレンジでの商いにとどまっている。
 一方、米中間の貿易摩擦激化に対する懸念は依然くすぶっている。米国が6日に中国製品に25%の追加関税を課す方針であるため、中国が米国に対して先行報復措置を取ることが2日に判明。米中両国による「貿易戦争」回避に向けた交渉がヤマ場を迎える中、市場では交渉の行方を見極めようとの思惑も強まっている。
 ユーロは同時刻現在、対ドルで1ユーロ=1.1620〜1630ドル(前週末午後5時は1.1685〜1695ドル)、対円では同128円75〜85銭(同129円23〜33銭)。(了)
[時事通信社]
配信元: 時事通信社
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

88.0 12.0
ヤフーファイナンスお勧め
中国株投資情報
香港上海など株式最新情報
マーケット概況
東京市場、今日の状況は?
株予報
決算予定や業績をチェック