ニュース

◎〔ロンドン外為〕円、112円台後半(7日正午)

 【ロンドン時事】7日午前のロンドン外国為替市場の円相場は、中東情勢の緊迫化懸念で買われた前日の反動で調整売りに押され、1ドル=112円台後半に軟化している。正午現在は112円70〜80銭と、前日午後4時(112円20〜30銭)比50銭の円安・ドル高。
 円は小幅安の112円50銭台付近でスタートし、じわりと弱含む展開。午前11時前には112円70銭台まで下げ幅を広げ、その後はおおむねこの水準で小浮動を続けている。
 トランプ米政権がエルサレムをイスラエルの首都と認めるとの報道を受け、前日の外為市場では相対的に「安全」な通貨とされる円に買いが集まった。ただ、実際に発表された後は過度なリスク回避の動きがひとまず一服。この日は日本や欧州の株価も戻しており、前日買った円を売る動きが優勢になっている。
 ユーロの対ドル相場は正午現在1ユーロ=1.1785〜1795ドル(前日午後4時は1.1785〜1795ドル)と横ばいだが、やや弱含み気味。対円では前日のリスク回避の円買いが巻き戻され、同132円90銭〜133円00銭(132円30〜40銭)に反発している。
 ポンドは昼前に一時上伸する場面があったが、すぐに売りに押され、1ポンド=1.3325〜3335ドル(1.3375〜3385ドル)と軟調。英国の欧州連合(EU)離脱交渉はアイルランドの国境管理問題が障害となって暗礁に乗り上げており、交渉の決裂を懸念した売りがポンド相場を圧迫している。
 スイス・フランは1ドル=0.9920〜9930フラン(0.9895〜9905フラン)と甘い。(了)
[時事通信社]
配信元:時事通信