ニュース

◎〔NY債券〕長期金利、低下(12日)

 【ニューヨーク時事】12日のニューヨーク金融・債券市場は、堅調な30年債入札結果を受けて債券が買われ、長期金利は低下した。長期金利の指標である10年物米国債利回りは前日引け水準比0.03%ポイント低下の2.32%となった。
 30年債利回りは0.04%ポイント低下の2.85%、2年債利回りは横ばいの1.52%、3カ月物TB(財務省証券)利回りは0.0179%ポイント低下の1.0801%となった。
 前日に実施された3年債と10年債の入札に対する需要が旺盛だった上、この日行われた米30年債入札に対する需要も堅調だったことから、債券買いが優勢となった。インフレ動向に注目が集まる中、米消費者物価指数(CPI)を控えて持ち高調整目的で債券が買われた面もあった。
 このほか、北朝鮮情勢などの地政学的リスクに加え、トランプ米政権が掲げる税制改革の実現性に対する根強い不安も債券買いを後押したもようだ。(了)
[時事通信社]
配信元:時事通信