ニュース

◎〔NY石油〕WTI、反落(12日午前)

 【ニューヨーク時事】12日午前のニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場は、米国内の在庫過剰懸念が広がる中、反落している。米国産標準油種WTIの中心限月11月物は午前9時半現在、前日清算値比0.99ドル安の1バレル=50.31ドル。
 米石油協会(API)が前日夕に公表した在庫週報によると、6日までの1週間の原油在庫は310万バレル増と、市場予想(ロイター通信拡大版調査)の200万バレル減に反して大幅な積み増しとなった。これを受け、この後に発表される米エネルギー情報局(EIA)週報でも大幅な積み増しが明らかになるのではないかとの懸念が広がっている。
 また、外国為替市場では未明からドル買い・ユーロ売りが進行し、ドル建てで取引される原油などの商品に割高感が生じていることも圧迫要因。(了)
[時事通信社]
配信元:時事通信