ニュース

明日の為替相場見通し=米PPIや要人発言に注目

7cd25ed90
 今晩からあすにかけての外国為替市場のドル円相場は、米経済指標や要人発言に左右される展開となりそうだ。予想レンジは1ドル=111円80~112円80銭。

 前日に発表された9月の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録はハト派的内容だった。これに伴い、この日の時間外取引の米長期金利は低下基調となったことを受け、ドル円も112円20銭台まで値を下げた。こうしたなか、今晩は米9月生産者物価指数(PPI)が発表され、その内容が注目されている。また、ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁やブレイナードFRB理事、同じくパウエルFRB理事が講演を予定している。


出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
配信元:minkabu PRESS