ニュース

東京株式・2部(大引け)=2部指数は反発、アセチレン、大興電子がS高

65edbdced
 21日大引けの東証2部指数は前日比46.45ポイント高の5702.30ポイントと反発。

 個別では東邦アセチレン<4093.T>、大興電子通信<8023.T>がストップ高。ラクト・ジャパン<3139.T>、黒谷<3168.T>、eBASE<3835.T>、川金ホールディングス<5614.T>、JMACS<5817.T>など8銘柄は年初来高値を更新。石井表記<6336.T>、三機サービス<6044.T>、マーキュリアインベストメント<7190.T>、アドテック プラズマ テクノロジー<6668.T>、神島化学工業<4026.T>は値上がり率上位に買われた。

 一方、バナーズ<3011.T>、ラオックス<8202.T>、武蔵野興業<9635.T>が年初来安値を更新。新華ホールディングス・リミテッド<9399.T>、関門海<3372.T>、キーウェアソリューションズ<3799.T>、東京コスモス電機<6772.T>、阪神内燃機工業<6018.T>は値下がり率上位に売られた。

出所:株探ニュース(株式会社みんかぶ)
配信元:minkabu PRESS