ニュース

エンプラスは大幅反落、18年3月期減収減益予想を嫌気

21ef0167f
 エンプラス<6961.T>は大幅反落。20日の取引終了後に発表した18年3月期の連結業績予想で、売上高320億円(前期比3.0%減)、営業利益40億円(同3.7%減)、純利益28億円(同45.7%減)と減収減益を見込んでいることが嫌気されている。

 半導体機器事業は伸長を見込むものの、エンプラ事業やオプト事業が苦戦する見通し。年間配当は前期と同額の80円を予定している。

 なお、17年3月期決算は、売上高329億9100万円(前の期比14.8%減)、営業利益41億5100万円(同58.2%減)、純利益51億5200万円(同7.9%減)だった。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
配信元:minkabu PRESS