ニュース

◎〔金利・債券市況〕先物、高値もみ合い=長期金利は0.065%(21日午前)

 債券相場は高値もみ合い。長期国債先物の中心限月2017年6月物は、前週末比13銭高の150円26銭で午前の取引を終えた。長期金利の指標となる新発10年物国債346回債利回りは、0.005%低下の0.065%となっている。
 前日の米国市場で債券が買われたことを受け、先物は朝方から堅調に推移した。午前10時すぎには日銀が国債買い入れオペをオファー。買入金額は5年超10年以下が4500億円となるなど、前回から据え置かれた。市場では「特段の材料がなく、買い一巡後は方向感が出にくくなっている」(銀行系証券)との声が聞かれる。午前中は150円23〜27銭と小幅なレンジでの取引となった。
 現物利回りは、2年債が0.005%上昇のマイナス0.260%、5年債が出合いなし、20年債が0.010%低下の0.640%、30年債が0.005%低下の0.830%で推移している。(了)
[時事通信社]
配信元:時事通信